PIMAX 4K VRが届いたのでレビュー Part2

Part2,おまたせしました.なんたって気になるのは4K対応というところですよね.

取り急ぎでまとめてしまうので後から追記しまくると思いますが,ご了承ください.

解像度・FPSはいかに

公称スペック上は「3840 x 2160」(UHD)・60fps対応ということで他のVR-HMDを大きく超える解像度になっています.最近発売したPSVRは1920×1080で,なかでも低解像度です.が,90~120の高リフレッシュレートになっています.

PIMAXの売りは初の4K対応・60fps VR-HMDというところなのですがいきなり問題が発覚しています.

規格上は4K-60fps描画は不可能!?

pimax009

上の画像は化粧箱裏面の必要動作環境です.

必要なのはHDMI 1.4Bに対応したものということですが,このHDMI 1.4Bは4Kに対応しているけど60fpsは不可能だということなんです.

フォーラムでも度々話題になっていてひとつの改善点というか,問題点になっています.

実際の使用感

おまたせしました.実際に使用してみました.先に言わせてください・・・

4Kに対応してるかどうか判断が付きませんでした.

というのも自分が確認する術を知らないばかりにこういう結果になってしまいました.ただし,解像度が低いということは無いはずです.

BigscreenというデスクトップをVR上に展開する無料のアプリがあるのですが,ある程度文字が読めるくらいは解像度が高いです.(Bigscreenについてはまた一つの記事としてまとめたいと思っています.)

液晶とは違う何か

液晶の細かくて鮮明な画面とは違います.全然違います.(比べてはいけない気がする)

自分自身VRを体験するのがコレが初めてなので他と比べることが出来ませんが,今みなさんが使っている液晶画面よりは見づらいですね.

とくにVR上でデスクトップを展開してウェブブラウジングすると,キザキザ感と画面の走査線を視認してしまう感じです.

画像・映像はとてもキレイだった

いままでデスクトップを表示させる話しかしていませんが,映像や,画像はというと,普通にキレイです.PIMAX用ソフトウェアPiPlayで,360度の画像をダウンロードして見てみると・・・,すごくきれいです.購入して一番初めにコレを体験すると思うのですが,買って損はなかったかな?と思わせてくれる表示と感動を与えてもらえます.

piplay001

ゲーム・動画鑑賞にはもってこい

Bigscreenで動画鑑賞するとすごい迫力になります.

映画館の一番いい席に座ってみる映像

というとわかりやすいでしょうか.スクリーンを好きな場所に移動して,大きさも変えられるので快適に鑑賞できます.

自分がここでYoutubeにアップロードされている数々の4K-videoを見てみたわけなんですが,違いがよくわからないという.FHDと4Kを切り替えたものの...

ちなみに実際に見てみた動画は以下.

4K 60FPS対応の艦隊これくしょんオープニング映像.アニメの方が,高フレームレートを感じやすいためです(適当).

自分が見る限り,Bigscreen内ではFHDまでは60fpsでちゃんと動いています.ただ,完璧ではなく遅延を感じることもあります.4K-60fpsを選択するとグラボの処理能力(GTX960)のせいか遅延が発生しまくります.現環境ではちょいと厳しいかもしれません...

実際に自分が見ていた画面をキャプチャしてアップロードしてみました.あくまでもこのキャプチャは理想上の最高品質の映像であって,実際にVR越しにみている映像とは全然違うことに注意してほしいです.

解像度に関しては自身が見ている映像からしか判断できないので上の動画は参考程度に見てみてください.こんなに美しくありませんよ!ただ,汚いわけでもないです.見てても違和感を感じないくらいには実際に綺麗に見えます.(個人的感想)

きめ細かさがわかるように画面の大きさ最大+距離を目の前にして閲覧してみました.艦これというタイトルがでる部分が一番判断しやすいポイントだと思うのですがそれでも実際はよくわかりません.

合わせて周りの広大な風景も一緒に映るようにしてみました.これがすごくキレイで見てるだけで楽しくなります.

ちなみに処理が重くなったときはカクカクするのではなくて,残像が残るようになります.

まとめ

記事を書くのが下手くそで申し訳ありません.言いたいことが全然うまく言えないですね.とりあえず,簡単にまとめて終わりたいと思います.

・4Kかどうかよくわからないけど,文字を読めるくらいは綺麗に映る(設定次第)

・60fpsなので見ている映像の残像が少し気になる(激しく動かなければ気にならない)

・画像・映像はとても綺麗に映る

・ウェブブラウジングは厳しい(キザギザ感などがあったりぼやけたり)

普通にゲームは動画鑑賞に使うのには全然問題ないということです.

さきほど「MSI Electric City」という無料のジェットコースター風の映像が流れるだけのアプリがあるのですがとても綺麗に描画されてて,感動しました.というか本当に乗り物に乗っている感覚に陥りました.

他のVRを体験したことがないので,うまいことが言えなく申し訳ないです.

個人的に質問したい,もっと詳しく!って方はコメントやトップバーの連絡先からメールで連絡していただければ返信したします.

たぶんPart3に続くと思います.

スポンサーリンク

コメント

  1. max より:

    レビュー待っていました。ありがとうございます。
    当方VIVE持ちなので、比較を知りたかったんですが、所有されていないようで残念でしたが、おおむね良好のようですね。4K30FPSの件は残念ですが、現状そこまで高解像度で遊べるゲームも少ないので、4Kディスプレイの持つ高精細感を味わえれば十分かなと思っていました。
    ブログ主は視力の方は要メガネな人ですか?焦点距離調整ができるようなので、調整の具合・有効性も知りたいところです。
    引き続き楽しみにしております。

    • kizaminori より:

       早速のコメントありがとうございます.
      稚拙な記事になってしまって申し訳ありません.
      これが初めてのVRで,安さの勢いで手を出しました.将来的にはグラボ新調に合わせてVIVEを購入すると思います.
       私は視力は0.05以下 0.08 の近視で,普段はコンタクト,休日はメガネで過ごしております.裸眼の状態で装着しても全く問題なく見えて驚きました.メガネのままVR装着するのは幅的に厳しそうな感じがします.
       ソフトウェア側でIPD調整ができるのですが,自身,IPDについてよくわかっておらず,要勉強・検証です.一応,少しずつ値をずらしていき,ボケ?ブレ?がなくなった状態で現在使用している感じです.調整前より明らかにクッキリになりました.
       これらも近いうちに記事にするはずですので,よろしければまたご訪問ください.

  2. max より:

    IPDは眼と眼の距離じゃないでしょうか。

    VIVEだと焦点距離は1mほどに設定されているようですので、メガの着用の人は裸眼では厳しいです。
    色々と魅力的なので買っちゃいます。
    参考になりました、ありがとうございます。

    • kizaminori より:

       IPDはそうみたいですね.たぶん画面の見え方のズレが修正されるみたいです.
       PIMAXの場合,近視度数-5.00まで裸眼で行けるらしいです.さきほど自分のつけてるコンタクトを確認したら「-3.75」でした(視力で言う0.08).ただこれ以上悪かったらどうなっちゃうんだろうという心配はあります.なにせレンズの位置調整はできませんからね.ココらへんの仕組みはよく解りませんが,現状裸眼でも満足できています.
       購入を決められたそうですが,仕組みが独特(PIMAXモードとExtendモードなど)なのとポジショントラッキングが無いことに注意してくださいね.公式では今後追加の予定らしいですがどうなることやら.
       何を言えどもVIVEのヌルヌル感には勝てないでしょうね….

  3. aka より:

    すいません質問よろしいでしょうか?
    オキュラスリフトのゲームには対応していますか?あとゲームの動作で普通に首を左右に動かすぐらいでは残像はでませんか?

  4. aka より:

    すいませんもう一つ追加でポジショントラッキングがない状態でVRゲームは普通にできますか?コントローラーとかはどうしてますか。

    • kizaminori より:

       コメントありがとうございます.
       残像ですが,普通に動いても少なからず発生します(これはゲーム内容にもよると思います,例えば360度画像をみるのにはほとんど発生しません).ただ,自分はそこまで気になりませんでした.
       まだOculus関連については詳しく触れていないのですが,先程試したところかなり設定やドライバなどがややこしく,満足にプレイできない可能性があるということだけは言えます.
       2つほど試したのですが,Oculusソフトのゲームをダウンロードしてソフト上からプレイしようとすると「センサが無い」と言われて起動できませんが,一部ゲームは直接EXEファイルを開くことで対策ができるようでした.もう一方はクラッシュして開けませんでした.
       コントローラですが,Oculus自体ではXbox360用USBコントローラをデバイスとして認識していますが,使えるかどうかはわかりません.ゲームの「Controller required」と書いてあるものはたぶんいけるのではと思っていますが実際に試してないので解りません.(例えばProject Carsはコントローラが必要となっています)これについては無料のアプリがあり次第試してみたいと思います.
       時間が出来たらまたまとめますので今しばらくお待ち下さい.他に何かありましたらまたコメントをしていただければお応えします.

  5. aka より:

    コメントありがとうございます
    色々不安ですが購入することにします 安いのは魅力ですし ある程度質が悪くてもVRを体験したいので